皆様の大切な建物に携わる・・・誇りを持って仕事をしています。

2017年

4月

09日

お得な住宅ストック循環支援事業補助金お知らせ

<住宅ストック循環支援事業>

 

良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度です。

https://stock-jutaku.jp/doc/pdf/jigyo_gaiyou.pdf

 

 

工事着手日           平成28111日~平成291231

工事完了              遅くとも平成291231

補助金交付申請    平成29118日~平成29630

※但し、予算消化次第終了となります。

対象工事             

①~③のいずれか1つが必須、かつ①~③の補助額の合計が5万以上

 

①開口部の断熱改修

・ガラス交換

・内窓設置

・外窓交換

・ドア交換

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

③設備エコ改修

・太陽熱利用システム

・節水型トイレ

・高断熱浴槽

・高効率給湯機

・節湯水栓

※上記「エコ住宅設備」より3種以上組み合わせ

④上記①~③のいずれかと合わせて実施する以下の改修工事等も対象

【合わせて対象とするリフォーム等】

A,バリアフリー改修

B,エコ住宅設備の設置

C,木造住宅の劣化対策工事

D,耐震改修

 

E,リフォーム瑕疵保険への加入

0 コメント

2017年

2月

23日

お薦めです!「余震に耐える住宅改修」

お薦めです!「余震に耐える住宅改修」の第一弾。

 

近年開発され、(財)日本建築防災協会の「住宅等防災技術評価」を取得し、公的な耐震補強工事に使用できるようになった画期的な資材「制震テープ」のご紹介です!

これで「余震に耐える住宅改修」の実現が可能となります!

 

この「制震テープ」は東京大学・(独)防災科学技術研究所・清水建設の三者共同開発商品である特許資材で、低コストで効果的ですが、誰でも施工できるわけではありません。ご興味のある方は、是非、なかの住宅センターまで、お問い合わせください。03-3388-5449

0 コメント

2017年

1月

06日

2017年 あけましておめでとうございます。

0 コメント

2016年

11月

26日

フローリングから考える、床材の触感について。

中野区役所のロビーなどで住宅相談を担当しておりますと、「無垢のフローリングにしたいけど、業者さんが嫌がる。なぜ?」とか、「無垢と普通のフローリングって何が違う?」などの会話になる事があります。

 

  

←左の写真は、四国の杉を使った無垢のフローリングを貼った床です。

 

いかにも「木」って感じで癒されますし、個性的で暖かみがあります。

 

  

右の写真は、一般的なフローリングで、合板などの基材に、薄い無垢の単板や、プリントされた木目シートなどを貼り付けた、複合フローリングと呼ばれています。→

 

美しい仕上がりで、反りや変形に強い上、キズもつきにくく、施工性も良い。優れものです。

 

それぞれに利点や特徴がありますが、今回は見た目や、使いやすさ、値段の話ではなく「触った時の感覚」について書いてみます。

実際に無垢の杉フローリングが、複合フローリングより、触れた時に少し暖かく感じるらしいのですが、なぜでしょう?

 

いくつか特性があります。暖かさの秘密の一つはその断面にあります。下の写真の無垢杉板は、厚さが30㎜あり、材の断面をみると分かりますが、年輪が見え、まさに樹木そのものです。

   ↓

 

樹木の繊維に空気層が密集して構成される感じ・・・とでも言いましょうか。

 

針葉樹である杉のように、比較的軽い木材ほど、その空気層が多いため熱が伝わる割合「熱伝導率」というのが小さくなり、断熱効果が得られると考えられます。

 

 

実際、断熱材と呼ばれるものは、綿や発泡スチロールのようなものが多いですね。それがヒントです。例えば冬の外気に面しているアルミサッシを触ってみると、とても冷たくなっていて、場合によっては結露していることもあります。さらに、よく見るとサッシが結露して水滴が着いていても、すぐ脇の木枠には水滴が着いていないことがあります。

先ほどの熱伝導率の違いが影響している例です。

 

無垢の木材に暖かさを感じるのは、寒く冷たい時期に熱伝導率の低い建材に触れると、触れた人の体温を瞬時にはねかえす感じで、暖かく感じ、逆に金属に近い素材の場合は、体温を吸いとるように冷たく感じる。そんなニュアンスでしょうか。

 

 

こちら、複合フローリングの断面を見ますと、単板面が薄く、樹脂等で表面加工してあります。基材も、工業製品である合板部分が厚いですね。

 

いろんな材質の木材を組み合わせ、圧縮したり、接着剤等を使用して作られていますので、杉の無垢材に比べ、熱が伝わりやすくなっていると考えられます。

住宅展示場のモデルハウスや、マンションの新築内覧などに立ち会いますと、物件の大半がこの複合フローリングです。


表面の銘木単板面の処理が大変によく出来ていて、内部まで無垢材で出来ているのと同じように見えます。日本の建材メーカーの技術力には、本当に敬服するばかりです。


多くのモデルハウスはスリッパが用意されていますし、美しい木目を見るとうっとりします。そこでは、売る側も買う側も、触感のことまでは気にされないような印象です。

 

 

ただ・・・床材が絡む話をする時は、この熱伝導率や触感の話を思い出してください。


今回はフローリングの事を書きましたが、床材選定には畳やタイルなど数多くの選択肢があり、それぞれメリット・デメリットがあります。それらポイントを押さえた選択肢を、しっかり打合せながら住まいの計画を進めなければ、後々「ああすれば、こうすれば良かった・・・」となる傾向
が多いからです。

 

床の仕上げ材だけでも、無数に情報があります。

それらの取捨選択に手助けとなるのが、プロの仕事と考えています。

 

ただでさえ忙しい日常です。ご自身の有意義な時短のためにも、ネット等で調べた場合でも、玉石混淆な情報でのロスを避け、根拠のあるプロの知識を利用する方よいと思います。

0 コメント

2016年

10月

25日

「まるごと建フェス」やりました!

10月2日(日)に、中野区役所・サンプラザという中野駅前のメインスポットで、建設職人の技を見せる!そして体験できる1日、「まるごと建フェス」というイベントを行いました。

     当日の様子を、ご紹介しましょう!。

 

天気にも恵まれ、大勢の方で賑わいました。

 

実際に木造建物の一部を組立てて、昔ながらの上棟の儀式

  「餅まき」です!

昔はこんな風景が中野でもあったのですね~

 

実際は餅ならぬ「お菓子まき」だったのですが・・・(笑)

でも、やりました。

      まきましたよ~

昔懐かしい~という方もいらしたでしょうね。餅まきはご家族総出で?

 

大勢の方にめいっぱい!!楽しんでいただけたようです!

 

皆さん盛り上がっていただきまして、ありがとうございました!

順序は前後しますが・・・

当日の目玉「北中野中学 吹奏楽部」の皆さんによる素晴らしいコンサートがありました!

 

何と言っても、東京都中学校吹奏楽コンクールで受賞歴も華々しい、知る人ぞ知る吹奏楽強豪校の演奏ですから、会場も期待感に包まれ、盛り上がりました。 

すごい!!

 

皆様に感謝申し上げます。

 

後援:中野区、中野区教育委員会・・・

 

中野区長さんはじめ、区議会議長さん、そして教育長さん。偉い人々のスピーチもありました。

 

未来を背負う子供たちに、中野の建築職人の技を見せるという、まさに生きた教育の場となる、建フェスへの期待と同時に責任感すらも感じました。

 

 

子供たちは、お父さんやお母さんと一緒に木工作などに取り組みました。

 

 

こうして実際に、頭と手を使いながら自然の材料を使って「物」を造っていくこと・・・

今後の「何か」に必ず役立つと思います。

 

 

今回は、実際に工事現場で使われている「建築作業用の乗り物」に乗れる、貴重な体験ゾーンもありました。

 

安全第一で。でも、楽しそう!

 

 

まあ、建フェスではキャッチフレーズ通り、さまざまな職種が体験できました。

 

塗装ブースや、左官ブースでは実際に「塗る」体験もできました。ここで味をしめ、ご自宅をDIYする方も増えたとか?

 

秀逸な逸品をひとつ。

 

板金コーナーで職人さんの技が輝きすぎて・・・私共の間でも話題沸騰だったのが左の写真。

 

金属の折り紙・・・

  まさに日本の技術!

すみません・・・ご紹介しきれません。

 

最後に、ひときわ目立った中野の声優アイドルグループの写真を載せて、ご報告を締めさせてさせていただきます。

 

本当に皆様、お疲れ様でした!

また、大成功、ありがとうございました!!

0 コメント

住まいづくりに悔いを残さないために。

住まい作りで悔いを残さない為にも、杭の基礎知識を知りましょう。

 

最初に何で杭を打つ必要があるのか、また杭の長さが異なるのか、についてご説明します。

 

建物は地盤の上に建てます。それは建物を強固な地盤で支えている、と言うことです。

 

その地盤を支持地盤と言いますが、支持地盤には建物の荷重を支えるだけの強度が必要になります。

 

 その強度を補うための工事が杭工事と呼ばれるものです。

 

では、なぜ杭の長さが異なるのでしょうか?それには理由があります。

 

支持地盤は、地面から直ぐの浅いところにあることもあれば、深いところに有る

こともあります。

浅い場合は、建物をその支持地盤に直接載せられますが、深い場合は柱状の杭

を使って建物の荷重を支持地盤に伝えます。

ですので、支持地盤に届く距離によって杭の長さが異なるのです。

 

では次に、杭の材質と工法の種類を、何種類かご紹介します。

 

まず杭の材料では、木杭、鉄筋コンクリート杭、鋼製杭などがあります。

 

次に施工方法では、打ち込み杭、場所打ち杭、埋込杭などの種類があります。

 

また特殊な材料や施工方法を組み合わせた工法も開発されています。

 

木杭の代表的な例で言うと、今ではもう使うことは滅多にないと思いますが、東京駅に使われていたことが最近の改修工事で分かりました。

 

そして、鉄筋コンクリート杭は、既製の杭と現場で造る杭とありますが、鋼製杭は、鉄骨製で主に鋼管を使うことが多いです。

 

 

左の写真は、一戸建て住宅で鋼製杭の施工をしているところです。上の写真のように、施工記録も残していきます。

 

civil engineering and construction business

  

最後に3種類の施工方法を簡単に説明します。

  1. 打ち込み杭は杭を支持地盤まで叩き込んで施工します。

 

  1. 場所打ち杭は、現場で掘った穴に、鉄筋やコンクリートをいれて杭を造ります。

 

  1. 埋込杭は、現場で掘った穴に、既製のコンクリート杭を入れて、セメントなどで固定する工法です。

 

杭と言っても、様々な材料や工法があることがおわかり頂けたでしょうか?

 

皆様も杭の基礎知識を身に付けて、悔いの無い住まい作りをして下さい。

 

 

中野区で新築・リフォーム・耐震の無料相談なら、なかの住宅センターへご相談下さい。<雨もり、水もれ、修理、等もお気軽に。>

住宅に関わるご相談に、地元設計士工務店・専門業者無料で答えます。

例えば、「最近雨漏りがするんだけど、どこから?」とか、「修理にどれ位かかるの?」「どこの業者に頼めばいいの?」など、まずはお気軽にご相談下さい。

〜中野区は木造住宅の耐震診断が無料です〜

あなたの住まいの耐震性に不安はありませんか?なかの住宅センターには中野区に登録された耐震診断士、耐震改修施工者います。中野区の補助で行う、在来の木造住宅の耐震診断は無料ですから、是非診断を受け家族の生命と財産を守りましょう!

くわしくはこちら LinkIcon中野区:木造住宅の耐震診断のすすめ

キッチン・トイレ・洗面所のリフォーム事例集

地元・中野の仕事人リスト


安心・安全をモットーに、お客様にご満足いただける仕事を心がけております!

お気軽にご相談ください!

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

お客様の声

 

大手のリフォーム会社も考えましたが、結果的に地元の業者にお願いして正解でした。数多くの打合せ段階から、工事内容や見積り金額の内容を判りやすく説明して頂き、大変理解出来ました。また、その通りに施工を進めて頂き安心しました。まとめる監督さん以下、それぞれの職人の皆さんも本当に良い方々ばかりで、安心して任すことができました。住みながらのリフォームで、既存の家具などはどうなるのかと思いましたが、工事に合わせて手際よく移動していくのは、大変手馴れていて、さすがリフォームの「プロ」と思いました。

その他、施工事例はこちらかご覧いただけます!

infomation

中野区役所のエレベーターにポスター掲示をはじめました。

中野区無料住宅相談会のお知らせ

中野区役所ロビー相談

2017年度の日程

  • 6月2日(金)
  • 6月30日(金)
  • 7月28日(金)
  • 9月1日(金)

受付時間

AM9:30~PM4:30

 

 

 

なかの住宅センターは

中野区小規模建設事業者団体

の構成団体の一員です。

 

中野郵便局内 出張住宅相談会のお知らせ

 

中野郵便局内出張相談会2017年度の日程

  •  9月26日(月)
  • 10月13日(金)
  • 10月27日(金)
  • 11月7日(火)
  • 11月28日(火)

 

受付時間

 

AM10:00~PM4:00

動画一覧

すまいの相談

外壁・屋上防水について

キッチンリフォームで湿気・カビ対策

営業時間

平日9:00~17:00 

※お越しになる前に

 お電話ください。

03-3388-5449

リンク・協力団体

協賛メーカ一